大手かベンチャーで悩んでいる人必見!大手に入社して分かったメリット・デメリットを解説

就活

こんにちは、IT企業OLのレイです。

就活を始めると、いろいろな企業の説明会へ行く機会がありますよね。

そこで、「大手企業とベンチャー企業どちらがいいの?」

とお悩みではありませんか?

私自身は大手企業への入社を決めましたが、大学時代はベンチャー企業と大手企業の内定をどちらももらい(同じ業界)、かなり悩んだ経験があります。

この記事では、そんな私が大手企業へ入社して感じたメリットデメリットを考えてみました。

就活生の皆さんの参考になれば幸いです。

そもそも大手企業とベンチャー企業の定義とは?

まずは、この記事で扱う大手企業とベンチャー企業の定義をしていきたいと思います。

大手企業とは

「大手企業」を知る前に、「大企業」と「中小企業」の定義を理解していなければいけません。

大手企業は、「大企業」と言葉が似ていてよく同じ意味で使われていますが、厳密には両者は違います。

まず、「大企業」は、国で定められた中小企業の定義に当てはまらない企業全てです。

ちなみに、中小企業の定義は以下の通り。

中小企業の定義

業種資本金従業員数
卸売業1億円以下100人以下
サービス業5,000万円以下100人以下
小売業5,000万円以下50人以下
上記以外3億円以下300人以下

中小企業の定義は業種ごとに定められていて、上の表に当てはまる企業は中小企業です。

つまり、中小企業よりも資本金と従業員数が多い企業は大企業ということになります。

結局大手企業って?

やっと本題です。

実は、大手企業には明確な定義はありません。

一般的に大手企業は、「各業種のシェア上位を争う凄い企業」の事を指します。

そのため、日々の生活の中でよく名前を耳にすることも多い「有名企業」であることがほとんどです。

なので、大企業の中でも上位数%の誰もが知っているすごい企業だという認識で良いと思います!

ベンチャー企業

ベンチャー企業も明確な定義はありません。

TVや新聞などのメディアなどで一般的な中小企業と区別するポイントとしては、「設立から5年程度と比較的若い会社であること」、「インターネットサービスなど新しいビジネス領域を手がけていること」などが挙げられます。

しかし、サイバーエージェントやリクルートなどの大きな規模になっても「ベンチャー企業」「メガベンチャー」などと言われることもありますよね。

だから、一概に人数が少なくて若い会社を指すわけでもありません。

ベンチャー企業の「ベンチャー(Venture)」には、「冒険」、「投機」という意味があります。

今後も新しい領域を開拓していったり、成長していく意思や企業文化があるかないか、
つまり、「ベンチャーマインド」の有無が「ベンチャー企業」であるかないかの判断軸になりそうです。

大手企業に就職するメリット

それでは、大手企業のメリットから挙げていきます。

・教育体制や研修がしっかりしている
・福利厚生が充実している
・知名度があるので営業がしやすい
・親から喜ばれ、友人から羨ましがられる

それでは1つずつ解説していきたいと思います。

教育体制や研修がしっかりしている

大手企業に入社して驚いたことは、本当に面倒見が良いことです。

私は以前、スタートアップ企業で長期インターンをしていましたが、そこでは新人を教育できるような環境や人員、余裕が全くありませんでした。

一方、大手企業はこれから会社をになっていくであろう人材を育成することも大切だと考えているため、教育や研修にも予算をつぎ込んでくれます。

なので、新入社員には「トレーナー」というなんでも相談できる2〜3年目くらいの社員を必ずつけてくれて、仕事でわからないことを1から10まで教えてもらえます。いわゆるOJTというやつです。

さらに、トレーナーの上にはマネージャーや課長と呼ばれるベテラン社員がいて、トレーナーの教え方が間違っていないかなどを監視したり、フォローしたりしています。

つまり、新人が独り立ちするまで全面的にサポートしてくれる社員が少なくとも1人か2人ついていてくれるのです。

福利厚生が充実している

大手企業の福利厚生が充実しているというのはいうまでもありませんよね。

会社によっては家賃を一定の割合で負担してくれたり、寮を完備しているところもあるみたいです。

また、サービス残業などもほとんどありません。

私が働いているところは1分単位で残業代を出してくれますよ。

そして、有給も取りやすいのでワークライフバランスもしっかりしています。

知名度があるので営業がしやすい

大手企業だと、ある程度業界で知名度があるので、営業がしやすいです。

中小企業や名も無いベンチャー企業だと、知名度や実績がまだ浅いのでなかなかお客様から信用してもらうことが難しいです。

テレアポをしても断られたり、新規の飛び込み営業をすると厄介払いされたり、、
メンタルが強くなければベンチャーの営業は難しいでしょう。

一方、大手なら営業はほとんどルート営業で既存のお客さんのフォローや新しい提案をしたりすることがほとんどです。

新規開拓をする際も、契約は取れるかは別として、社名を言うだけで話だけならほぼ確実に聞いてもらえますよ。

親から喜ばれ、友人から羨ましがられる

実際、他人からの評価って大事じゃないですか?

私は結構大事でした!

友達に社名を言った時に、「すごいね!」と言われたかったし、親からも「この会社なら安心」と言われたい。

あまり大きな声では言えないけれど、このような承認欲求って誰にでもあると思います。私だけですかね?笑


ここまでは、大手のメリットを解説していきましたが、次からは大手のデメリットについてです。

大手企業に就職するデメリット

私が大手に就職して感じたデメリットは、実際そんなに多くなかったです。

でも、「強いていうなら、、」という感じでご紹介します。

・意思決定に時間がかかる
・初任給が低い(20万前後)
・成果を出しても給料があまり変わらない

続いて詳しく解説していきます。

意思決定に時間がかかる

大きい企業であればあるほど、なにか一つでも変化があるだけでいろいろなところに影響が出てきます。

そのため、何かを変えたり新しくする時には意思決定にとても時間がかかるんです。

何人もの上司が「承認」してやっと意思決定が実行されるさまにイライラする方もいるかもしれません。


一方でベンチャー企業なら、一つ上の上司がゴーサインを出したら今すぐにでも実行できることも少なくないですよね。

スピード感を求める方には大手企業は合わないかもしれません。

初任給が低い(20万前後)

大手企業は、一部の企業や商社などを除いて初任給は低めです。

大手だと給料に関してまだまだ年功序列の慣習が残っているので、初任給は20万前後になってしまいます。

手取りにすると16~18万円になってしまうことも。

その点、ベンチャー企業だと、高いところで初任給30万円以上出してくれるとこともありますよね。(残業代40時間込みとかですが(^^;)

20代前半から高収入を重視する人は大手企業では働くモチベーションが湧きにくいと思います。

成果を出してもあまり給料が変わらない

大手は役職につかない限り、大きな成果を出したとしても給料に大差がありません。

せいぜいボーナスが高くなる程度。

全然仕事ができない人の給料を、給料以上の仕事をしている人がカバーしていると言った構図なんですよね。

でも裏を返せば、営業成績がたとえだった月0でも一定額の給料をもらえるということ。

いや、自分は成果報酬でガンガン稼ぎたい!

という方は、実力主義のベンチャー企業の方が向いているかもしれません。

まとめ

今回は、筆者が大手企業に就職して感じたメリットとデメリットを解説しました。

超個人的な意見ですが、新卒で入社するならなるべく知名度があって規模の大きい会社の方が良いと思います。

なぜなら、大手企業になんの実力もないのに入社できるのは新卒だけだから!

それでも選ぶのはあなた自身。

将来なりたい自分から逆算して自分にあった就職活動をしてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました